logo

11.6型、AMDプロセッサ搭載のVAIO Yシリーズなど追加--ソニー個人向けPC春モデル

坂本純子(編集部)2011年01月13日 20時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは、個人向けPC「VAIO」の春モデルラインアップを強化した。発売は1月22日から順次開始予定だ。

 Yシリーズには、これまでの13.3型に加えて11.6型ワイド液晶を搭載したモデル「VPCYB19KJ/S・P・G」を追加。主に学生やネットブックからのステップアップ層を対象にしたもので、CPUに「AMD デュアルコア・プロセッサ E-350」を採用。HD動画もスムースに再生できるなど、パフォーマンスにも力を入れたとしている。バッテリは付属の標準バッテリで約6時間、重さは約1.46kg。市場想定価格は10万円で、発売日は1月29日。

 このほかに、店頭販売およびVAIOオーナーメードモデルとして、ノートPCとしてFシリーズ(市場想定価格:約18万円〜)、Eシリーズ(同:約10万円〜)、Sシリーズ(同:約14万円)を発表。Zシリーズは、VAIOオーナーメードモデルのみで、最新の最大1テラバイトのQuad SSD搭載モデルが追加されている。ボードPCは、Jシリーズ(約14万円〜)。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集