logo

グーグル、「Chrome」での「H.264」サポートを打ち切りへ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2011年01月12日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオエンコーディング技術「WebM」を擁するGoogleは米国時間1月11日、WebMと競合し、広く利用されているコーデック「H.264」のChromeでのサポートを中止する計画を発表した。AppleやMicrosoftはH.264を支持している。これによりGoogleは、基本的なウェブ技術が特許の制約に縛られないことを強く望むブラウザメーカーのMozillaやOperaの立場を、明確に支持することになる。

 Googleの製品マネージャーを務めるMike Jazayeri氏はブログ投稿で、「H.264はビデオにおいて重要な役割を果たしているが、われわれの目標はオープンな革新を可能とすることであるため、同コーデックのサポートを廃止し、われわれのリソースを完全にオープンなコーデック技術の推進に向ける」と述べた。

 AVCとも呼ばれるH.264は、ビデオカメラやBlu-rayプレーヤーなどの多くの機器で広くサポートされているが、膨大な数の特許ライセンスを管理するMPEG LAという団体に対する多大なロイヤリティライセンス料がかかる。

 一方、Googleが2010年5月に発表したWebMは、オープンソースでロイヤリティフリーな規格である。同フォーマットは、Googleが2010年2月にOn2 Technologiesから手に入れたVP8技術をベースとする。また、オーディオ技術「Ogg Vorbis」も使用している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集