logo

最新インテルプロセッサ搭載モデルも登場--日本HP、個人向けPC春モデル発表

エースラッシュ2011年01月11日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1月11日、個人向けPCの春モデルとしてノートPC 7シリーズおよびデスクトップPC 7シリーズを発表した。同日より順次販売を開始する。

デスクトップPC、最新インテルプロセッサ搭載、SSD搭載も拡充

  • 「HP Pavilion Desktop PC HPE-590jp(レッドトリム)」

 デスクトップPCでは、ハイエンドミニタワーの「HP Pavilion Desktop PC HPEシリーズ 春モデル」に第2世代インテルCoreプロセッサ搭載モデル「HPE-580jp」が追加。フラッグシップモデル「HPE-590jp」やAMD 6コアプロセッサ搭載モデル「HPE-560jp」ではプロセッサやグラフィックスが一新された。また、すべての直販モデルでRAID 0対応のSSDが選択可能となっている。同シリーズの価格は直販モデルが5万9850円〜、量販店モデルが16万円前後〜。

 バリューミニタワーの「HP Pavilion Desktop PC p6000シリーズ 春モデル」は、インテルの最新Coreプロセッサを備えた新モデル「p6745jp」が追加されたほか、すべての直販モデルでインテル製SSD(80Gバイト/160Gバイト)が選択可能だ。また、量販店モデルは全モデルにリカバリメディアを標準添付し、64bit/32bit両対応となっている。価格は直販モデルが2万9820円〜、量販店モデルが6万円前後〜だ。

  • 「HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ」

 「HP Pavilion Desktop PC s5000シリーズ 春モデル」は、インテル最新Coreプロセッサと独自のチューニングによりリアルなサウンドが楽しめる「Beats Audio」搭載の新モデル「s5750jp」をラインアップに追加。AMDプロセッサ搭載モデル「s5730jp」では、新たにAMD 785Gチップセットを採用、21.5/23インチワイド液晶モニタ付属モデルs5750jpの量販店モデルではBlu-ray Discドライブが標準装備された。価格は直販モデルが3万9900円〜、量販店モデルが9万円前後〜となっている。

 液晶一体型のオールインワンデスクトップPCについては、従来の「HP All-in-One PC 200シリーズ」が「HP Omni 200 PCシリーズ」に、タッチ機能なしのディスプレイ一体型モデルが「HP Omni PC」にブランドを変更している。価格は直販モデルが4万9980円〜、量販店モデルが9万円前後〜となっている。

 マルチタッチ操作に対応した「HP TouchSmart PCシリーズ 春モデル」は量販店モデルを強化。20インチタッチスクリーン搭載の「HP TouchSmart 310 PCシリーズ」で地デジチューナとOfficeソフトを新採用したほか、23インチタッチスクリーン搭載の「HP TouchSmart 600 PCシリーズ」では標準保証を通常の1年から3年にアップグレードし、初心者ユーザーも安心な「訪問設置サービス」を標準添付したスペシャルエディションモデルも追加されている。価格は直販モデルが6万4890円〜、量販店モデルが12万円前後〜だ。

デュアルコア・プロセッサ搭載で約4万円のミニノートPCも

  • 「HP Pavilion Notebook PC dv7」

 個人向けノートPC「HP Pavilion Notebook PC」の春モデルは、17.3インチワイド液晶搭載モデル「dv7シリーズ」と15.6インチワイド液晶搭載モデル「dv6シリーズ」に、第2世代インテルCoreプロセッサ搭載モデル「dv7-5000」「dv6-4000 Premium」を追加。両シリーズともにATI Mobility Radeon HD6570/6550を装備し、グラフィックス機能も強化されている。価格はdv7シリーズの直販モデルが5万9640円〜、dv7-5000は7万9800円〜、dv6 Premiumシリーズの量販店モデルが11万円前後、dv6-4000 Premiumは直販モデルが6万6780円〜、量販店モデルが12万円前後となっている。

 また、15.6インチワイド液晶搭載のエントリーモデル「Gシリーズ」にはコストパフォーマンスを追求した「G56」、ミニノートPCは新製品としてデュアルコアプロセッサ採用の10.1インチワイド液晶搭載モデル「HP Mini 110-3500」が追加された。こちらの価格はG56の量販店モデルが5万5000円前後、HP Mini 110-3500の量販店モデルは4万円前後だ。

 なお、販売は同社直販サイト「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、常設展示スペース HP Directplus Station、販売代理店HP Directpartnerで扱われる直販モデルが同日より、一部家電量販店で扱われる量販店モデルは1月20日より順次開始される。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集