logo

レノボ、最新CPU搭載「IdeaPad Y560p」と3D対応のデスクトップPC「IdeaCentre K330」

エースラッシュ2011年01月06日 20時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは1月6日、コンシューマー向けノートPC「IdeaPad Y560p」と高速起動が可能なタワー型デスクトップPC「IdeaCentre K330」を、1月28日より販売開始すると発表した。

 IdeaPad Y560pは、最新CPUのインテル Core i7-2630QMやAMD ATI Mobility Radeon HD 6570、15.6型ワイド液晶を搭載したノートPCだ。750GバイトのHDDと32GバイトのSSDの両方を搭載するほか、最新技術「Lenovo RapidDrive SSD Technology」を採用し、システムやアプリケーションの高速起動を実現している。最大8Gバイトメモリまで搭載可能で、Blu-ray Discドライブ、130万画素のウェブカメラ、Windows 7 Home Premium 64ビット版を採用した。市場想定価格は13万円前後になるという。

  • コンシューマ向けノートPC「IdeaPad Y560p」

  • 天板にはヘアライン加工を施した

 IdeaCentre K330は、同日発表されたパフォーマンス最適化プログラム「Lenovo Enhanced Experience 2.0」を新採用したタワー型デスクトップPCだ。これにより、一般的なWindows 7搭載PCより平均で約20秒早い起動や、シャットダウンスピードでは28%の高速化を実現したという。主なスペックは、インテル Core i7-2600/i5-2300、最大16Gバイトメモリ、最大2テラバイトのHDDと80GバイトのSSD、NVIDIA GeForce GTX 420もしくはATI Radion 5450HD、Blu-ray Discドライブ、Windows 7 Home Premium 64ビット版など。3D対応の23型ワイド液晶モニタ付きモデルも用意されており、こちらはCore i7-2600とNVIDIA GeForce GTX 460の組み合わせとなっている。市場想定価格は通常モデルが8万円前後、モニタ付きモデルが23万円前後になる見込みだ。

  • モニタ付きモデル

  • モニタなしモデル

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集