パナソニック、Android搭載「ビエラ・タブレット」--ゲームや電子書籍も利用可能に

坂本純子(編集部)2011年01月06日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月6日、Androidベースのタブレット端末「ビエラ・タブレット」を開発したと発表した。デジタルテレビ「ビエラ」と連携した機能を持ち、映像配信や電子書籍配信などのクラウドサービス事業に向けた取り組みを開始。年内にも端末をグローバルに商品化するとしている。

  • 今後検討するサービスの事例

 試作機は、米国ラスベガスにて開催中の「2011 International CES(2011CES)」に出展。試作機としては、10型、7型、4型の液晶ディスプレイを搭載した3つの端末を用意した。いずれもタッチパネルを搭載し、チャンネル切替えなどを直感的に操作できる「ビジュアルリモコン」としての機能も備える。

  • デジタルテレビ・ビエラと「ビエラ・タブレット」を連携させたサービスの事例

 さらに、同日発表されたビエラに搭載されるテレビ向けインターネットサービス「VIERA Connect」に対応。ビエラ・タブレットでも映画やスポーツ、電子書籍、ゲームなどのコンテンツが楽しめる。スポーツの別アングル映像を楽しんだり、eコマース機能により関連グッズを購入したりでき、ビエラと関連した映像や情報を表示する「子画面」としても利用できる。

 ビエラ・タブレットは、薄型で軽量性、長時間動作、耐衝撃性など、これまでポータブル機器で培ったノウハウを活かしたもの。「インターネットテレビ単体で体験するサービスとは異なる、新しい価値を提供する」とコメントしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加