logo

デジハリ、大学院の学習システムにFacebookを導入

鳴海淳義(編集部)2010年12月17日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルハリウッド大学大学院は12月17日、Facebookおよびキャスタリアのソーシャルラーニングプラットフォームを用いて、大学院の授業にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やオンライン学習システムを導入する実証実験を開始すると発表した。

 Facebookが運営するSNS「Facebook」と、キャスタリアが提供するオンライン学習システム「Schooly」を用いる。

 Facebookでは「グループ」を使って授業に関する疑問を共有したり、ユーザー同士で教え合ったりすることで、どのような学習効果が生まれるかを検証する。Facebookが教育機関で正式に導入されるのは国内初だという。

 キャスタリアはインターネット上にある大学などの講義動画と音声を使った学習プラットホーム「iUniv」を運用している。ユーザーは講義コンテンツを視聴しながら記録したメモを、ほかのユーザーや外部のソーシャルメディアに公開できる。SchoolyはこのiUnivをクローズドな環境で利用できるようにしたものだ。

 Schoolyは、録画した授業映像をサーバへアップロードしたり、ユーザーの質問や感想コメントを動画のタイムラインにひもづけて残したりできる。またiPadにも最適化している。Facebook上でもユーザー限定公開でSchoolyにアップロードした授業映像を閲覧できるようにした。

  • SchoolyとiUnivのイメージ画面

  • Schoolyの管理ページ(先生側)

  • Facebook活用のイメージ画面

-PR-企画特集