logo

SAPジャパン、ビジネス分析の新製品--業界別の業務課題に対応

富永恭子(ロビンソン)2010年12月09日 19時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは12月9日、ビジネス分析ソリューション群の「SAP BusinessObjects analytic applications」を発表した。小売および卸売業界向け、金融業界向け、ヘルスケア業界向けのアプリケーションを2011年第1四半期より順次提供する予定。

 このソリューションは、SAP BusinessObjectsをベースに業界ごとのデータモデル、インターフェース、レポートなどを予めテンプレート化した製品。最短8週間という短期間での導入が可能なことに加え、SAP以外のシステムからも構造および非構造データを分析できる設計になっているという。

 SAPジャパンが提供を予定しているアプリケーションは、小売および卸売、金融、ヘルスケア業界向けのアプリケーション。それぞれの業界のファイナンス、営業、マーケティング、リスク査定、患者管理、顧客満足や顧客維持などの業務(分野)における専門的な課題に対応するソリューションが組み込まれているという。

 SAPでは、同ソリューションの開発において、ユーザーと協業することで共同イノベーションをさらに促進し、エコシステムの体制を確立したい意向だ。

-PR-企画特集