logo

NHKの番組200本以上がYouTubeでノーカット配信--プロジェクトX、ためしてガッテンも

鳴海淳義(編集部)2010年12月06日 18時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月6日、NHKで放送された200本以上の番組が動画共有サイト「YouTube」で視聴できるようになった。グーグルがNHKエンタープライズとコンテンツライセンス契約を締結したことで実現した。同日開かれた会見にはYouTubeコンテンツパートナーシップ統括部長の水野有平氏のほか、NHKエンタープライズ上席執行役員 ライツ・アーカイブスセンター長の関本好則氏が登壇し、今回の取り組みについて説明した。

 YouTubeとNHKエンタープライズはYouTube上に特設サイト「NHK番組コレクション」を設置。ノーカットの動画が約200本、番組を3分程度に編集した動画が約30本公開されている。動画は毎週追加される予定だ。

 配信の範囲は国内限定。デバイスもPCのみに制限されている。画質は最高で1080pのHDクオリティとなっている。今後追加予定の主なノーカット番組は以下のとおり。

  • プロジェクトX 挑戦者たち
  • ためしてガッテン
  • ひとりでできるもん!
  • きょうの料理
  • 100語でスタート!英会話
  • 連続人形劇 プリンプリン物語
  • 住まい自分流〜DIY入門
  • おしゃれ工房“きれい”を磨く!
  • まる得マガジン 収納のコツ モノ別編

 「NHKスペシャル」、「プロフェッショナル仕事の流儀」などのように、NHKオンデマンドをはじめとした動画サイトで有料で配信しているものは3分間の編集版として公開される。

関本好則氏関本好則氏

 NHKエンタープライズの関本氏は、YouTubeにコンテンツを出すことで、「NHKに親しみを持ってもらうことを一番期待している」と語った。

 「NHKと話し合いをして一致した見解は、NHKへの接触者数を増やしたいということ。NHKを見ていない人がYouTubeを見ている。そういうところにNHKの番組を出して親しみを持ってもらいたい。また我々が新しいメディアに全然関係していないのもどうかと思う。どういう結果になるか実証実験をしてみたい」(関本氏)

 YouTubeのコンテンツIDシステムも契約締結の追い風となった。これはGoogleが開発したYouTubeのバックエンドシステムで、動画のフィンガープリントを生成し、同じものが投稿された場合に自動チェックする機能を持つ。これにより違法コンテンツがアップロードされ次第、即刻削除が可能になり、過去に投稿されたコンテンツも同様にチェックできるようになるという。

水野有平氏水野有平氏

 YouTubeの水野有平氏はコンテンツIDシステムのように、権利者が自らのコンテンツをコントロールできる仕組みはYouTubeの各機能のなかで最も重要なものだと述べた。

 今回のNHK番組コレクションでは配信地域やデバイスを制限する機能を使うことで、まだルールが確定していない海外へのネット配信の問題をクリアした。

-PR-企画特集