logo

mixi、「メアドで友人検索」の仕様変更を3日で見直し--アクティビティ機能にも反対の声

藤井涼(編集部)2010年12月03日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは12月2日、11月30日に仕様変更した「メールアドレスでマイミク登録」機能を、変更前の仕様に戻すことを発表した。ミクシィはCNET Japanの取材に対し「一部のユーザーによって悪用されるため」とコメントしている。また、今回の仕様変更によって同社の事業計画に影響はないとした。

  • メールアドレスでマイミク登録機能

 mixiではこれまで、友人のメールアドレスを入力すると直接相手にマイミク申請が送信される仕様で、友人検索機能を提供してきた。11月30日に変更された仕様は、mixiへの登録の有無やプロフィール情報の確認後に、マイミク申請やmixiへの招待メールを送れるようになるという内容だ。

 プライバシー設定から、メールアドレスからの友人登録を拒否する設定にしていれば、プロフィール情報は検索結果に表示されないが、デフォルトでは拒否しない設定となっていた。

 この仕様変更に対し、ネット上では学生時代の知人のメールアドレスで検索すると近況を確認できるなど、mixiを利用していることを知られたくない相手にもアカウントを発見されてしまうといった事への懸念の声が上がっていた。

 こういった状況も踏まえ、ミクシィは仕様変更から3日後の12月2日に、同機能を一度変更前の仕様に戻すと発表した。同社では今後、知人でなければメールアドレスとIDを紐付けられない仕組みを考えていくとしている。

 またミクシィは12月1日、ホーム画面にマイミクの最近の動き(マイミクになった相手や参加したコミュニティ)を表示するアクティビティ機能を追加した。この機能についてもユーザーからは反発の声が上がっている。mixi内には同機能に反対するコミュニティが複数立ち上がっており、中でもコミュニティ「アクティビティ機能やめて」には、12月3日15時時点で9万人を超えるユーザーが参加している。

-PR-企画特集