Verizon、LTEネットワークを米国で提供へ--12月5日から

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年12月02日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Verizon Wirelessは米国時間12月1日、Long Term Evolution(LTE)技術を使用した無線ネットワークを5日より米国で提供すると発表した。5日の時点での提供開始地域は、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコを含む38マーケットの70%となる。

 Verizonから提供されるデータプランは、月額50ドルで5Gバイトまでと月額80ドルで10Gバイトまでの2種類が予定されている。各プランとも制限を1Gバイト超えるごとに10ドルの料金が上乗せされる。

 Verizonは当初、同サービスをノートPCで使用されるUSBモデム向けに提供する。これらのモデムはLGとPantechから提供される。Verizonは、対応するUSBモデルの数を今後増やす予定だが、携帯電話などのデバイスが同サービスに対応するのは、2011年初めごろとしている。

 Verizonは、同サービスの提供を38マーケットで開始したあと、提供地域を順次拡大する予定だ。Verizonは、同社3Gサービスを既に提供している地域に対して、2013年の終わりまでにLTEサービスを導入することを予定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加