logo

「Google Chrome」に情報漏えいの脆弱性--最新版にアップデートを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月26日、Googleが提供するウェブブラウザ「Google Chrome」に情報漏えいの脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 Google Chrome 3.0以前のバージョンに、XMLファイルの取り扱いに関する情報漏えいの脆弱性が存在する。この問題が悪用されると、細工されたウェブページを閲覧することで情報が漏えいする可能性がある。JVNでは、ベンダーが提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集