logo

スマートフォンでタクシー配車の効率化目指す--ソフトバンクら

松田真理(マイカ)2010年11月26日 19時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジタクシーグループ、リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクモバイルの4社は11月26日、スマートフォンを活用したタクシー配車管理システムの実証実験を開始したと発表した。

 今回の実証実験では、タクシー無線に代わって、Windows Mobileに対応した東芝製「SoftBank X02T」を利用する。これにより、配車やナビゲーションなどの運行支援、業務管理が一元化できるという。今後、料金決済や防犯対策などへの対応も目指す。

 フジタクシーは11月初旬より、GPS機能を利用した配車管理の業務について、45台で実車実験を開始。2011年春以降をめどに、全車両へ導入する予定。

  • 実証実験システム概要図

  • タクシー車内の端末画面

-PR-企画特集