[ウェブサービスレビュー]オンラインでガントチャートが使えるプロジェクト 管理サービス「ブラビオ・プロジェクト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラビオ
内容:「ブラビオ・プロジェクト」は、オンラインでガントチャートが利用できるプロジェクト管理サービスだ。複数メンバーで閲覧、編集ができるほか、ToDo管理や掲示板機能も備えているため、社内外を超えたグループワークがこれ単体でできる。

 「ブラビオ・プロジェクト」は、ガントチャート表示が可能なプロジェクト管理サービスだ。オンラインでガントチャートを作成して管理でき、複数メンバーで閲覧、編集ができることから、グループワークに適しているほか、個人の作業工数の管理にも適している。11月末日まですべてのプランが無料で利用できるリリースキャンペーンを展開しており、それ以降も最大5人までは無料プランを利用できる。

 プロジェクトの工数管理に用いられるガントチャートは、専用ソフトも存在しているほか、Excelで作成するためのマクロなども多数公開されているが、いかんせん複数のメンバーで共有しようとすると、LAN上で共有するのが精一杯だ。本サービスはウェブサービスとして提供されているため、社内はもちろん外部の協力会社などとの共有も容易だ。また、ToDo管理や掲示板機能も備えているため、グループワークがこれ単体でできるのが特徴だ。

  • トップページ。まずは「Freeプランで始める」をクリック

  • 利用にあたってはメールアドレスや名前、パスワードを登録し、適当なグループ名を入れてログインする

  • ログインしてグループ名をクリックするとトップページに相当する画面が表示される。サンプルプロジェクトが表示されているが、ここでは新たにプロジェクトを作成するため「プロジェクトを追加」をクリック

 ユーザー登録後、トップページから「プロジェクトを追加」をクリックすると、プロジェクトの詳細を入力する画面が表示される。まずは適当なプロジェクト名を入力して「追加する」ボタンを押すと、今週のタスク一覧や連絡事項、つぶやきなどが一覧できる画面が表示される。この時点ではタスクがひとつも登録されていないのでまっさらの状態だ。

 続けて画面右上の「ガントチャートを作成」ボタンをクリックする。タイムラインが表示されるので新たにタスクを登録し、つづけてタイムライン上の適切な日付の位置でドラッグすることでガントチャートにおなじみの進捗バーが表示される。作成されたバーは自在に移動させたり、また伸ばしたり縮めたりすることが可能だ。

  • プロジェクト追加の画面。適当なプロジェクト名を入れて「追加する」を押す

  • プロジェクトが作成された。この時点ではまだ何も登録されていないのでまっさらの状態。右上の「ガントチャートを表示」をクリックする

  • ガントチャートが表示された。タスクを登録するためには「編集モードにする」をクリックする。操作の多くはこの閲覧モードと編集モードの切替によって行われる。動作速度はやや遅め

  • タスクを入力して「追加」ボタンを押す。ツリー表示も可能

  • タイムラインをドラッグして開始日/終了日のバーを作成できる

  • バーはドラッグすることで自由に拡大縮小および移動させることが可能。自動保存はされないので、確定したら「保存する」ボタンを忘れずに押す

 タスクをクリックすると個々のスケジュールが表示されるので、テキストベースで開始日や終了日を変更したり、またタスクを完了扱いにもできる。これらは閲覧モードと編集モードを切り替えながら作業する形になる。この両モードはあまり画面上での見た目が変わらず、直感的に操作しやすいとは言えない。現状ではアイコン表示の変化などを見て慣れるしかないだろう。

 このほか本サービスでは、複数メンバーでタスクを割り振ったり、簡易的な掲示板機能を用いてメンバー間でやりとりできるので、ひとつのプロジェクトにまつわる情報を一元管理できる。ファイルを添付できるというのもプロジェクト管理向きだろう。またリスト表示やカレンダー表示など、目的にあった表示方法に切り替えられるのもメリットだ。

 ガントチャートの機能としては、それぞれのタスクの関連性を設定できなかったり、マイルストーンを明示できないなど、物足りなさを感じる場合もある。またリンク先が多すぎてどこをたどれば求める画面に戻れるのかが分かりづらかったり、「保存する」ボタンを押した際に「変更を保存しますか?」と尋ねられるなど明らかにユーザビリティの原則に反する部分もある。まだこなれていない部分は多々あるのだが、直接の競合となるサービスがないだけに、その将来性が大いに期待できる。インターフェース面の改善を中心に、今後の発展に期待したいところだ。

  • タスクを並び替えたり完了扱いにするといった基本的な機能はあるが、完了タスクを非表示にできないため大量のタスクを登録しているとやや見づらく感じられる場合もある。また表示スケールの変更もできないので、この例のように月をまたぐようなガントチャートの表示には不向き。もう少し小ぶりなプロジェクト向きだろう

  • ガントチャート表示のほか、リスト表示にも対応。この画面では開始前のタスクがほとんどだが、着手後は「遅れ」「完了」などのステータスが表示できる

  • カレンダー表示にも対応する。Googleカレンダーなどとの連携機能は持たない

  • それぞれのタスクにはコメントを書き込んだり、ファイルを添付できる。また参加メンバーに書き込みの内容をメール通知するといった機能もある

  • アクセス権限はかなり細かく設定できる。アクセスログ機能もあるので、誰が閲覧したか、していないのかを手軽にチェックできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加