logo

富士通、省スペース性に優れた中小規模向けブレードサーバ「PRIMERGY BX400」を発売

ZDNet Japan Staff2010年11月24日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は11月24日、中小規模システム向けブレードサーバシャーシ「PRIMERGY BX400」の販売を開始した。12月下旬に出荷を開始する。

 PRIMERGY BX400は、高さ6U(266.7mm)に同社の大規模システム向けブレードサーバ「PRIMERGY BX900」と同一のブレードを最大8台搭載できるブレードサーバシャーシ。フロアスタンドキットの採用により、サーバラックがなくても設置ができる点が特長だ。フロアスタンドキット利用時は、タワー型サーバ約1.4台分(同社従来製品比)のスペースに最大で8サーバを設置できる。ラック型サーバによる同等構成と比較して約60%のスペース削減が可能という。

PRIMERGY BX400 フロアスタンドキットを採用したPRIMERGY BX400

 最適化された電源およびファンユニットの制御により、省エネルギー性能にも優れる。サーバブレード8台構成時の消費電力は1710Wで、同等性能のラック型サーバで構成されたシステムの消費電力(2436W)より、大幅に電力を削減できるという。同社試算によれば、これは電気代換算で年間8万7574円のコスト削減、CO2排出量2824kgの削減に相当するという。また、低騒音モード(Low Noise Mode)を使用することにより、サーバブレード8台構成でも約45dBの静音で稼働し、オフィスフロアへの設置も可能としている。

 PRIMERGY BX400では、BX900の基本機能に加え、新たにシャーシ内のサーバブレードで共用できるDVDドライブ、USBポートを装備する。標準添付の「ServerView Installation Manager」の新機能(2010年度第4四半期提供予定)により、同一シャーシ内の複数サーバブレードに同時にインストールが可能という。また、同社のサーバ自動化、可視化ソフトウェアである「ServerView Resource Coordinator VE」を活用することで、サーバ複数台に対して予備サーバ1台の可用性システムを構築することもできるという。

 PRIMERGY BX400の税別価格は34万円。

-PR-企画特集