logo

VERCIとcubicが業務提携--クーポン共同購入サイトの対象エリアを横浜・神奈川に拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VERCIは11月19日、横浜エリアでフリーペーパーを刊行するcubicと提携し、クーポン共同購入サイト「VERCI(ヴェルチ)」の対象エリアを横浜・神奈川に拡大した。

 今回の提携では、商材やサービスを協力して発掘、企画して販売していくほか、地域密着型の媒体や会員を抱えるサービス提供者らとの連携を進めるという。「割引率で勝負するモデルでなく、本当に価値のある店舗を紹介して価値を生み出したい。(資本力で勝負する競合に対して)大きな成長ではないが、着実に事業を進める」(VERCI代表取締役社長の高橋敬一氏)

 クーポン共同購入サイトをめぐっては、「piku」を運営するピク メディアが7月にRebate Networksらから6億5000万円を調達したほか、「KAUPON」を運営するキラメックスが9月にグロービス・キャピタル・パートナーズから2億円を調達するなど、物量戦の様を呈している。高橋氏は「われわれも大規模な増資に向けて動いていたが、方向を転換した。競合と同じモデルでビジネスを進めるのではなく、地域の活性につながるモデルを検討した」と提携の意義を説明する。

 verciは、期間を限定して商材やサービスを販売する、フラッシュマーケティングの仕組みをとるクーポン共同購入サイト。一方のcubicは、地域の活性化をコンセプトに、横浜みなとみらいエリアを対象にした創刊5年目の隔月刊フリーペーパー「mirea(ミレア)」を展開している。

-PR-企画特集