エグゼモード、2万円台の3Dビデオカメラ「EXEMODE 3DV-5WF」

加納恵(編集部)2010年11月12日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エグゼモードは11月12日、3D撮影に対応するデジタルビデオカメラ「EXEMODE 3DV-5WF」を発表した。本体には裸眼で3D映像を確認できる3.2型の3Dディスプレイを備える。発売は11月下旬。店頭想定価格は2万4800円になる。

 3D方式は、サイドバイサイドを採用。左右2つのレンズで左目用、右目用の映像を撮影し、1つの映像として記録する。これにより静止画、動画ともに3D表示が可能になるとしている。

 本体サイズは高さ124mm×幅42mm×奥行き75mmで、重量は約164g(電池含まず)。専用のリチウムイオン充電池で駆動し、約1時間49分の動画撮影ができる。

 撮像素子には1/4型504万画素CMOSイメージセンサを搭載。128Mバイトメモリを内蔵するほか、SD/SDHCカードスロットを装備する。

「EXEMODE 3DV-5WF」 「EXEMODE 3DV-5WF」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加