logo

NEC、IFSのERPパッケージ「IFS Applications」をSaaSで提供

富永恭子(ロビンソン)2010年11月11日 19時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月11日、スウェーデンに本社を置きERPソフトウェアの開発、販売を行うIndustrial and Financial Systems(IFS)およびIFSジャパンと、クラウドサービス事業で協業関係を確立したと発表した。NECは、IFSのERPパッケージソフト「IFS Applications」の機能に独自開発した追加機能を組み合わせ、クラウド指向データセンターを活用したSaaS型で、2011年4月よりサービス提供を行う。

 同サービスの特長は、会計、販売物流、生産管理業務の領域を、30種以上のモジュール(業務機能)に細分化し、モジュール単位に利用料金を設定している点。従来は各社ごとの個別カスタマイズ要素が多いためにSaaS型の提供は困難とされてきた販売物流、生産管理領域において、モジュールという小さな業務単位にすることでカスタマイズ要素を減らし、SaaS提供を可能にしたとしている。

 また、会計、販売物流、生産業務領域の機能として、ファームバンキング連携機能、手形機能、製番機能など、NECがIFSと共同開発した日本企業特有のニーズに適応する機能や、グローバル需給調整機能を組み合わせて提供する。30種以上のモジュールをユーザーのニーズに適した組み合わせでサービス提供することで、特に日系企業の業務プロセスにより適したシステム利用が可能になるという。

 料金は、モジュールごとの利用料金に、導入企業の利用ユーザー数と組み合わせた月額サービス料を設定。顧客規模に合わせた低価格でサービスを利用できるとしている。また、多言語、多通貨、多拠点対応等のグローバル対応機能により、海外の複数生産および販売拠点へのガバナンスを効かせたシステムの統合化や、業務領域や対象拠点に対して段階的なシステム導入が可能だという。NECの試算では、ユーザーが同等システムをSIで構築した場合と比べ、TCOを5年間で30%以上削減可能としている。

 合わせてNECでは、専門要員による導入コンサルティングサービスも提供。顧客の業務とクラウドサービスで提供する機能との適合性を判断する「フィット分析」、サービス適用要件を抽出し運用、移行までのロードマップを描く「サービス要件定義」、サービス適用に向けた具体的な設計、実装を行う「サービス適用準備」、教育、テスト、移行を実施し本番稼動を行う「サービス適用・移行」といったメニューを用意する。

 NECでは、SaaS型IFS Applicationsをグローバルに販売し、今後5年間で50社への導入を目指す。

-PR-企画特集