NEC、業務用向けAndroid採用のタブレット型端末「LifeTouch」を発売へ

エースラッシュ2010年11月11日 15時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは11月10日、顧客サービスや業務用途に向けたAndroid端末「LifeTouch」を今月末より出荷開始すると発表した。

 NECでは、LifeTouchをPCと携帯電話の中間に位置し、企業の新たな収益源となる顧客向けサービスや業務の効率化に対して最適なユーザーインターフェースを提供するデバイスとしている。

 今回は第1弾として、7インチワイドのタッチパネル液晶やAndroidを採用したタブレット型の端末が発売される。顧客向けサービスの内容や業務上での使い方に応じて、一部のデバイスやアプリケーションソフトウェアの作り込み、カスタマイズなども実現しているという。本体は重さ約370gの薄型デザインで、押しやすい4方向ボタンに加えてペン操作にも対応。IEEE802.11b/11g準拠の無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDR準拠、300万画素カメラ、GPS、加速度センサ、地磁気センサ、照度センサ、SDHCカードスロット、無線LAN簡単設定機能(らくらく無線スタート)なども搭載する。

 同社が想定する利用シーン例は、電子書籍、ホームサービス、ライフケア、電子ショップ、エンターテインメントのほか、店舗での販促業務、営業携帯業務、セルフオーダリング、物流業務など。11月11日〜12日にかけて東京国際フォーラムで開催中の「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」にも出展する。

LifeTouch クラウドコミュニケーター「LifeTouch」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加