ボーズ、本格ホームシアター「Lifestyleシリーズ」に2.1chモデルが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは11月2日、ホームシアターシステム「Lifestyleシリーズ」に、2.1chタイプの「Lifestyle 235 home entertainment system」を追加した。11月3日に発売している。価格は28万5600円。

 Lifestyle 235 home entertainment systemは、コンソール、2個のスピーカー、ウーファ、iPod/iPhoneドックから構成される。従来5.1chシステムのみだったラインアップに、2.1chシステムを追加した。

 スピーカー部には、新開発の「Gemstone ESスピーカーアレイ」を採用。内蔵された3つのドライバは、2つを正面に、1つを側面に最適な角度で配置したとしている。ウーファ「Acoustimassモジュール」は、高さ334mm×幅207mm×奥行き552mmで、重量は12.3kg。パワフルな重低音を再生するとのことだ。

 独自のデジタル自動音場補正技術「ADAPTiQシステム」を搭載し、部屋のサイズや形、家具の配置を解析して最適な環境を設定。独自のナビゲーションシステム「Unifyテクノロジー」により、テレビ画面上の指示に従うだけで、周辺機器にあったケーブルの選択や機器間の接続が正しくされたかなど、簡単なシステムセッティングができるとしている。

 付属のリモコンは、音量や楽曲情報が手元で分かるディスプレイ付電波式リモコンを採用。Unifyテクノロジーにより接続された周辺機器の操作も一元化できる。

 コンソールにはFM/AMチューナを搭載。7つの周辺機器まで接続でき、最高1080pまでのビデオアップスケーリング機能も備える。

Lifestyle 235 home entertainment system 2.1chシステム「Lifestyle 235 home entertainment system」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加