「OpenSSO」と「OpenAM」の普及を目指して関連企業がコンソーシアム設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)、オープンソース・ソリューション・テクノロジ(OSSTech)、オージス総研の3社は10月18日、オープンソースのシングルサインオンソフトウェア「OpenSSO」と「OpenAM」の日本における普及や発展を目指し、「OpenSSO&OpenAMコンソーシアム」を設立したと発表した。

 OpenSSOはSun Microsystemsが開発し、オープンソースとして公開されている。SAML 2.0やXACML、WS-Federationなど業界標準の仕様をサポートしている。OpenAMはノルウェーのForgeRockがOpenSSOをベースに開発したオープンソースソフトウェアだ。

 コンソーシアムは、OpenSSOとOpenAMが企業や大学などでの導入、クラウドコンピューティングやSaaSのアプリケーションで複数の認証を統合する場合でも利用が増加していることを受け、OpenSSOをベースにしたソリューションを提供している企業と、OpenSSOのユーザー企業の計8社で設立した。

 今後はOpenSSOで生じた不具合の修正、セキュリティ対策、機能拡張などに関する協議や開発に関する相互協力、セミナーなどを通じたOpenSSOの普及活動などを行っていく。また、欧州のOpenAMコミュニティーと連携する予定だという。コンソーシアムでは参加企業を募集しており、2010年度中に20社の参加を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加