logo

アイオメガ、SSDベースのUSB 3.0ポータブルドライブを発表

文:Dong Ngo(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月18日 08時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Iomegaは米国時間10月15日、同社初、そして、おそらくは世界初となる、ソリッドステートドライブ(SSD)ベースのポータブルストレージ「Iomega External USB 3.0 SSD Flash Drive」を発表した。

 これまで、ほとんどのポータブルドライブは、2.5インチハードディスクをベースとしていた。その名前が示すように、今回の新しいドライブは、最大5Gbpsの転送速度を提供するUSB 3.0もサポートする。

 Iomegaによると、新しいSSD Flash Driveは、256ビットのハードウェア暗号化機能を搭載し、堅牢なボディを採用。USBバスパワーで駆動するため、USBケーブル1本でデータ転送と電源供給を行う。

 Iomegaは、新しいドライブは、その金属筐体によって10フィート(約3.05m)の高さからの落下に耐え、通常の7200rpmのSATAハードディスクの約2倍の書き込み速度を提供すると主張している。SSD Flash Driveには、アンチウイルスおよびバックアップソフトウェアが付属し、3年保証が提供される。

 新しいSSD Flash Driveは2010年11月初頭に発売予定で、価格は64Gバイト、128Gバイト、256Gバイト版がそれぞれ229ドル、399ドル、749ドルとなる予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集