logo

ウェブ会議と専用PCをセットにした「V-CUBE センター」--11月初旬発売

藤井涼(編集部)2010年10月13日 20時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブイキューブは10月13日、ウェブカメラ付きのタッチパネル型PC(Lenovo M90Z)とウェブ会議に必要なマイク、専用アプリケーション、2年間のサービス利用権をセットにしたオールインワンモデル「V-CUBE センター」を、11月初旬に発売すると発表した。実売価格は50万円前後になる見込み。ブイキューブは、2011年度に300社に導入し、3億円の売上を目指す。

  • タッチパネル型PC(Lenovo M90Z)でウェブ会議を利用

 PCに専用のアプリをインストールすることで、電源を入れるだけですぐにウェブ会議を利用できる。また、専用PCからV-CUBE センターを利用していないPCも会議に招待できる。さらに、スマートフォンやタブレット端末とも連携できるという。

 ブイキューブ代表取締役社長の間下直晃氏は、ウェブ会議を利用するために、PCのブラウザを開いてログインしたり、カメラやヘッドセットを接続するなどの煩雑な作業が、新規利用者にとっては障壁になっていたと説明。V-CUBE センターでこれらの課題を解決できるとした。

ソリューション本部を新設、アジア展開も

 ブイキューブはこれまで、ウェブ会議システムのほか、ウェブセミナーやセールス&サポートなど、様々なビジネスシーン、生活シーンでビジュアルコミュニケーションを利用できるソリューションを提供してきた。

 その取り組みをより明確にするため、8月にソリューション本部を新設した。新製品や新サービス、他社との連携サービスの開発を担う。本部長には間下氏の父親である間下浩之氏が就任した。

./101013cube3.jpg左から、ブイキューブ執行役員 ソリューション本部 本部長の間下浩之氏、ブイキューブ代表取締役社長の間下直晃氏

 2009年より注力しているアジア諸国への展開としては、すでにマレーシア、シンガポール、タイでのサービス販売を開始しており、2011年の頭にはベトナムでのサービスも開始できるとした。

 間下氏は「アジア地域におけるビジュアルコミュニケーションのプラットフォームを作り、早期にアジアナンバーワンの地位を確立したい」とアジア展開における意気込みを語った。

-PR-企画特集