ファイル共有ソフト「Share」で音楽ファイル公開していた男性を書類送致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は10月7日、ファイル共有ソフト「Share」を使用してネット上に音楽ファイルを無断で公開していた男性が書類送致された事件を発表した。

 この事件は、北海道警本部生活経済課と北海道旭川方面留萌警察署が、Shareを使用して、ネット上に音楽ファイルを無断で公開していた都内在住の男性(44歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑で旭川地方検察庁に書類送致したというもの。

 JASRACは、ファイル共有ソフトを用いた著作権侵害行為の防止に向けた対策を2003年から継続しており、この3月から「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」と連携し侵害者に違法ファイルの削除を求める啓発活動を行っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加