Google AdWordsが10周年--Googleが掲げる6つの理念

藤井涼(編集部)2010年10月07日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キーワードに関連した広告を検索結果に表示する「Google AdWords」が、米国で2000年10月にサービスを開始してから10周年をむかえた。現在の広告出稿企業は全世界で100万企業にのぼるという。米国のGoogle本社から来日した製品管理部門ディレクターのNicholas Fox氏は、GoogleがAdWordsを提供するにあたり持ち続けてきた6つの理念を紹介した。

  • Google製品管理部門ディレクターのNicholas Fox氏

  • 「Google AdWords」の歴史

Google AdWordsの6つの理念

  • (1)広告は邪魔なものではなく有益なもの

 ポップアップなどは表示せず、ユーザーにとって有益な広告のみを表示する。これによりユーザーには検索結果だけでなく、広告という意味でもGoogleを使ってもらうことを目指したという。

  • (2)あらゆる規模のビジネスに対応する

 AdWordsは大企業から個人レベルまであらゆる企業が利用できる。サービス開始時、最初に問い合わせてきたのはロブスターの通販企業だったという。

  • (3)広告の価値をオークションで決める

 広告が検索結果ページの上位に表示されるかは、オークション形式で入札する「上限クリック単価」が大きく影響する。

  • (4)ユーザーの意見を広告に反映

 検索結果と広告の関連性も重視している。ユーザーのクリック数を評価する「品質スコア」や「上限クリック単価」などの総合的なデータをもとに広告の表示位置が決まるという。

  • (5)実験やテスト結果に基づく調整

 AdWordsでは、日々膨大な数の実験やテストをしている。例えば、リンクの色は50回にわたる実験を経て、現在の青色になったという。また、検索結果ページの下部に広告を表示する方法は、アメリカでは不評だったが、日本では好評だっため、日本でのみ表示されている。

  • (6)広告はウェブとともに進化している

 日々進化するウェブととにAdWordsも進化している。例えば、検索キーワードに沿った製品情報を表示したり、地域の企業や店舗を検索した場合に、地図情報や電話番号を表示するといったものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加