ネットから入手した音源や映像で海賊版を作成、販売した男性を書類送致

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛知県東海警察署は10月1日、ネットオークションを利用して日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理著作物が収録されたCDやDVDの海賊版を販売目的で所持していた埼玉県狭山市在住の男性(36歳)を著作権法違反容疑で名古屋地方検察庁半田支部に書類送致した。JASRACが10月1日に発表した。

 事件は4月16日、東京都立川市内の被疑者が経営する整体院内で、JASRACの管理著作物のべ577曲を収録したCD-R38枚、DVD-R10枚を販売譲渡する目的で所持していたというもの。警察の調べによると、被疑者の男性はウェブサイトから入手した音源をもとに、レア未発売音源・映像と称する無断複製物を作成し、ネットオークション出品商品に添付して販売していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加