スポーツの秋到来!インターネットから見るスポーツ熱

臼井俊介(ネットレイティングス アナリスト)2010年10月04日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 暑かった今年の夏が終わり、秋の涼しさを感じる今日この頃、読者の皆さまはいかがお過ごしだろうか。秋といえば、“スポーツの秋”。涼しくなり、体を動かすにはもってこいの季節となり、また、プロスポーツではシーズンがいよいよ佳境に入り、最も白熱する時期でもある。

 そんな“スポーツの秋”にちなんで、今回の記事では、スポーツに関するインターネット上の話題を取り上げる。

マラソン熱を支えるRUNNET

 8月末でエントリーが締め切られた東京マラソン。主催者発表では定員の3万5000人(10kmの部を含む)に対し、約9.6倍にあたる33万5000人もの応募があったという(東京マラソン2011公式サイトより)。その際、インターネットの東京マラソン公式サイトへのアクセスは家庭PCからのアクセスで22万人を集めていた。

 また、ここで注目したいこととしては、東京マラソンの公式サイトへのアクセス経路として、月刊誌「ランナーズ」が運営するマラソン情報サイト「RUNNET」が一定の役割を果たしていたことをご紹介したい。

東京マラソン公式サイト(www.tokyo42195.org)への流入元ドメイン
Google(www.google.co.jp)40%
Yahoo!検索(search.yahoo.co.jp)26%
RUNNET(www.runnet.co.jp)11%
東京メトロ(www.metro.tokyo.jp)3%
楽天検索(websearch.rakuten.co.jp)2%
2010年8月家庭PCからのアクセス

 東京マラソン公式サイトへの流入経路として、Google、Yahoo!といった検索サイトについでランクインしていたのがRUNNETであり、サイト訪問者の1割以上がRUNNET経由でアクセスしていた。

 RUNNETのサイト自体も27万人がアクセスしており(2010年8月 家庭PCからのアクセス)、マラソン大会に参加を検討しているインターネット利用者にとって、非常に人気のあるサイトとなっていることがわかる。

好調なチームはインターネット上でも人気

 春秋制のプロスポーツリーグにおいては、優勝争いも佳境に入り、各地で熱戦が繰り広げられている。その代表的なスポーツと言えば、プロ野球であろう。弊社からは2005年にも各球団のサイト訪問者数をリポートしているが、2010年8月現在の各球団のサイト訪問者は以下のとおり。

プロ野球公式球団サイト 月間利用者数
セリーグ月間利用者数パリーグ月間利用者数
巨人43万人ソフトバンク20万人
阪神43万人オリックス17万人
中日24万人西武16万人
広島20万人日本ハム16万人
横浜12万人ロッテ14万人
ヤクルト10万人楽天13万人
2010年8月家庭PCからのアクセス

 弊社の視聴率データの作成方法に変更があったため、2005年と単純に比較することはできないが、依然として巨人と阪神の球団サイトの利用者数が頭一つ抜けている。また、パリーグを制したソフトバンクのサイト利用者は、球団サイト利用者でもリーグ1位となっていた。ちなみに、今季成績が低迷した横浜、楽天の両球団で、利用者が少ないことも特徴的である。やはり人気を得るには成績を伴う必要があるといえるであろう。

 同じく白熱した優勝争いが行われている Jリーグの各クラブチームのサイト利用者は下記のとおり。

Jリーグ公式クラブサイト 月間利用者数
清水エスパルス7万3000人
アルビレックス新潟7万2000人
川崎フロンターレ7万2000人
ガンバ大阪6万7000人
FC東京6万4000人
浦和レッズ6万人
ベガルタ仙台6万人
名古屋グランパス5万9000人
鹿島アントラーズ5万6000人
横浜Fマリノス5万3000人
2010年8月家庭PCからのアクセス
※J1に所属しているクラブで利用者数上位10サイトまで掲載

 J1のクラブチームの中では、今季前半のスタートダッシュに成功した清水エスパルスのサイト利用者が8月時点では1位となっていた。かくいう筆者もエスパルスファンであり、今シーズンの好調さを受けて、普段よりも応援に力が入っている。閑話休題。

 Jリーグ各クラブの公式サイトの特徴としては、プロ野球の球団サイトに比べ全体的に利用者が少ないことが指摘できる。ワールドカップで日本代表が前評判を覆して活躍し、インターネット上でも非常に盛り上がったものの、それがJリーグの人気へは今一つつながっていない可能性がある。経営状況が厳しいクラブもある中、Jリーグは更なる人気拡大に向け、インターネット上からも盛り上げて行く必要があるだろう。

日本人選手大活躍!! ゴルフサイトもアクセス増

 最後に、前月から大きく利用者を伸ばしたプロスポーツサイトとして、ゴルフサイトを取り上げたいと思う。

ゴルフサイト 利用者数
サイト7月8月前月比
日本女子プロゴルフ協会(LPGA)38万人50万人132%
日本ゴルフツアー機構49万人44万人91%
PGAツアー(PGATOUR.comz)5万人28万人537%
2010年7月、8月家庭PCからのアクセス

 上記の表からもお分かりいただけるかと思うが、PGAツアーのサイトで前月から大きく利用者を伸ばしていた。8月12日より全米プロゴルフ選手権が開催され、前年度の大会で史上最年少で予選通過を果たした石川遼選手に注目が集まった大会で、テレビでも連日放送されるなど、非常に注目された大会であった。

 また、女子では米女子ツアーのセーフウェイ・クラシックを制した宮里藍選手が賞金ランキングで世界1位に返り咲くなど、大きく注目を集めていた。そのため、LPGAのサイトもアクセス数を伸ばし、前月比132%の50万人がアクセスしていた。

 10月には東京マラソンの発表を控えており、また、プロ野球ではこれからクライマックスシリーズ及び日本シリーズが始まる。ゴルフにおいても、賞金王争いが佳境に入り、スポーツ界からはますます目が離せなくなってくる。

(ネットレイティングス アナリスト 臼井俊介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加