アドビ、Adobe ReaderとAcrobatの定期アップデートを事前通知

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎2010年10月01日 09時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは四半期ごとに行われる定期アップデートのサイクルの一環として、「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」の新バージョンを公開し、ユーザーをハッカーからの攻撃にさらすおそれのあるセキュリティホールを修正する予定だ。

 このパッチは、Windows版、Mac版、UNIX版のユーザー向けに、米国時間2010年10月5日に公開される計画となっている。

 Adobeが公開した事前通知を行うアドバイザリによれば、今回の一連のパッチには、すでにゼロデイ攻撃で悪用されている」CVE-2010-2883」に対する修正も含まれているという。

 この脆弱性は、不正に作成されたPDFファイルを使った攻撃に悪用され、一部の標的となった企業に送付されている。

 次回の定期セキュリティアップデートは、もともと2010年10月12日に行われる予定だったが、今回は公開日が10月5日に繰り上げられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加