logo

日立とキヤノン、中小型液晶ディスプレイ事業で提携--日立子会社の資本関係は現状維持

加納恵(編集部)2010年09月30日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所とキヤノンは9月30日、中小型液晶パネルの設計、製造を手掛ける日立ディスプレイズへの現在の資本関係を維持したまま、先進的なフラットパネルディスプレイ技術の開発、製品供給に関して提携すると発表した。

 両社は2008年2月に、中小型液晶ディスプレイ事業における包括的な提携を目的に契約を締結。キヤノンは、同年3月に日立ディスプレイズの株式の24.9%を日立から譲り受けた。当初は、株式を追加取得し、キヤノンが日立ディスプレイズを子会社化することも検討していた。

 今後キヤノンと日立ディスプレイズは、中小型液晶ディスプレイの用途の多様化と技術ニーズの高度化に対応するため、先進的なフラットパネルディスプレイ技術の開発と、各種機器向けの高機能かつ高精細なディスプレイの供給に係わる連携を深めていく。

 なお、日立とキヤノンは、今回の合意による2010年度の業績への影響はないとしている。

-PR-企画特集