logo

アマゾン、「Kindle for the Web」ベータ版を公開

文:David Carnoy(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年09月29日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは、タブレット「Blackberry PlayBook」向けに「Kindle」アプリを提供する意向を示した発表に続き、ウェブブラウザから直接Kindle用書籍のサンプルを閲覧したり共有したりできるようにする「Kindle for the Web」を米国時間9月28日に立ち上げた。Amazonはまた、「Amazon Associates Program」のメンバーであるブロガーやサイトオーナーに向けて、「顧客がサイト上のリンクを使い購入を完了した場合」に同社から紹介料を得られるとして、Kindle用書籍のサンプルをウェブサイトに埋め込むよう呼びかけている。

 今のところ「ベータ」の文字が付くKindle for the Webには、Scribdのサービスと一部似たところがある。Scribdは、自社サービスをドキュメント版YouTubeと位置づけ、主に無料のドキュメントや書籍サンプルの閲覧や共有の場として人気を集めてきた。

 Scribdと同様に、Kindle for the Webは大手ソーシャルネットワーキングサービスのコンポーネントを備え、「Facebook」や「Twitter」でサンプルを簡単に共有できる。ただし、Kindle for the Webのほうが、Amazon.comにある完全版の電子書籍(それに、おそらくは紙の書籍も)の購入を読者に促す仕掛けをより工夫しているので、著者や出版社がこちらをバイラルマーケティングの道具とみるであろうことは間違いない。

 Amazonはデモページを用意して、「選ばれたAmazon書籍の概観ページ」に「最初の章を無料で読む」と書かれたボタンが組み込まれている様子を示している。このボタンをクリックすると新しいブラウザウィンドウが開いて、その書籍のサンプルを表示する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集