ウィルコム、SoftBank 3Gに対応した料金プランを新設

松田真理(マイカ)2010年09月28日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は9月27日、ソフトバンクモバイルが提供するSoftBank 3Gに対応した料金プランを「WILLCOM CORE 3G」に新設すると発表した。

 今回新たに提供するのは、法人向け料金プラン「3Gデータ定額ビジネス(S)」と、スマートフォン向けの料金プラン「新ウィルコム定額プランGS」の2つ。両プランともに、通信速度下り最大7.2Mbps、上り最大1.4Mbpsのデータ通信を利用できる。提供開始時期は、3Gデータ定額ビジネス(S)が10月1日、新ウィルコム定額プランGSが10月8日になる。

 3Gデータ定額ビジネス(S)は、5回線から申し込める2段階定額制の料金プラン。月額料金は2580円から。200万パケットに相当する無料通信分を含んでいる。また、インターネットへのアクセスをあらかじめ制限できる「接続制限サービス」も提供する。

 新ウィルコム定額プランGSは、月額料金1450円で、ウィルコム同士の通話、PHSデータ通信が無料になる料金プラン。3Gによるデータ通信の上限金額は5250円となっている。このほか10月8日より、新ウィルコム定額プランGS専用のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」の販売も開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加