logo

Twitterの口コミとランキングでアプリ動向を分析--クエリーアイ、「QuerySeeker」

坂本純子(編集部)2010年09月17日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クエリーアイは、iPhone/iPadアプリの市場動向分析ツール「QuerySeeker(クエリーシーカー)」を発表した。10月末よりサービスを開始する。現在、無料で一部のアプリランキング動向を閲覧できる。

口コミとランキングを可視化して分析

  • QuerySeekerでピアノ演奏アプリ「Finger Piano」を調査した結果

 QuerySeekerは、iPhone/iPadアプリの企画や開発、販売会社に向けたツールだ。ウェブサービスとして提供される。iTunesのランキングとTwitterの口コミ情報をもとに分析できるのが最大の特長で、iPhoneアプリの企画立案や販売促進などにも役立てられるとしている。

 ランキングデータは、アップルが公開しているiTunesのランキングデータのRSS情報を1時間毎にデータベース化し、ランキングの変動を記録。RSSを取得しているのは7カ国(日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア)、各カテゴリ(1カ国あたり最大220カテゴリ)の最大300位までの情報だ。

 口コミ情報は、Twitterが公開しているストリーミングデータ(User Streams)を24時間受信し、タイムラインからiPhoneとiPadのキーワードを含むメッセージを解析。メッセージの中にURLが含まれている場合、そのウェブサイトにiPhone/iPadアプリに関わる情報が記載されているかをチェックし、アプリが何かを特定してデータベース化するという。Twitterのメッセージは6言語(日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語)に対応し、1分間に約100〜200メッセージを受信し解析を行っているという。

今後はAndroidやWindows Phoneへの展開も

 QuerySeekerの事例として、ピアノ演奏アプリ「Finger Piano」を調査した。8月1日から31日までのランキングを見てみると、8月5日に急激にランキングが上がっている。それとリンクして、Twitterでの口コミも急激に増加しているのがわかる。

 QuerySeekerでは、価格の変動やツイート、ツイートされたURLも閲覧できるようになっており、8月4日に価格を半額に下げたことで口コミがTwitterで広まり、大きく販売が伸びたと推測できる。

  • クエリーアイの代表取締役である水野政司氏

 クエリーアイの代表取締役である水野政司氏は、「もともとは、ブログやホームページの情報をもとにウェブアクセス解析を含めようとしていた。しかし、それでは説明のつかない伸びがあり、TwitterのUser Streamsを拾ってみたら、凝縮されたものが隠されていた。現時点では、Twitterが最も有力なツール」とTwitterを取り込むことにした経緯を語った。

 水野氏は、メーカーでiPhone向けアプリケーション開発に携わる経験を持ち、Excelなどを用いて自身が動向解析をしてきた。「アプリに携わる人は同様に、それぞれ解析をしていると思うが、手間がかかる作業。QuerySeekerは、自分のアプリがどうだったかのみならず、ほかのアプリはどうか──この2点がわかる。トータルで見てこの市場はどうなのか。他社はどうなのかを分析し、今後に生かす。これは、これまでになかった考え方ではないか」と開発に至った経緯を明かした。

 今後は、コンサルティングや、競合を設定しておくと自動で動向レポートが届くサービス、Android、Windows Phoneなどへの展開も考えているという。価格は1カ国あたり月額15万5400円(1アカウントあたり)の予定という。

 東京ゲームショウ2010に出展し、ブース:6-C7で同製品を展示している。

-PR-企画特集