モジラ、「Firefox 3.6.10」と「Firefox 3.5.13」をリリース--クラッシュ問題に対処

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一2010年09月17日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは米国時間9月15日、「Firefox」の新バージョン「Firefox 3.6.10」と「Firefox 3.5.13」をリリースした。ブラウザが起動中に突然クラッシュする問題に対応している。

 Mozillaは1週間ほど前に1つ前のバージョンである「Firefox 3.6.9」と「Firefox 3.5.12」をリリースしたが、バグが見つかったためダウンロード提供を中止していた。

 この問題は、リリース前のテスト版では特に目立って表面化していなかったと、Mozillaのリリース担当マネージャーを務めるChristian Legnitto氏はバグに関するコメントの中で述べた。

 「この問題が『3.6.9pre』あるいは『3.5.12pre』でクラッシュの上位300件に現れていないのは興味深い」とLegnitto氏は書いている。だが同氏は、その後のコメントで次のように述べた。「このクラッシュは突然増えたが、Firefox 3.6.xの『クラッシュ発生率』は全体としてまったく増加していない。このクラッシュは1日に約1000回ということで、日々のアクティブユーザー数からすると、割合としてはわずかなものだ」

 「これは起動中のクラッシュで、ユーザーがFirefoxの使用を一切やめてしまうことになりかねないため、われわれはすぐに修正版をリリースする必要があると感じた」と、Legnitto氏は続けて書いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加