logo

[ブックレビュー]あの“ノート”を200%使いこなす--「モレスキン『伝説のノート』活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
堀正岳、中牟田洋子
詳細:単行本(ソフトカバー) / 260ページ / ダイヤモンド社 / 価格:¥1500 / 著者:堀 正岳,中牟田 洋子 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm × 13.0cm × 2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:ノートの定番として愛用者も多い「モレスキン」だが、どうやって使ったらよいかわからない人も多いのではないだろうか。そんな疑問を一気に解決するモレスキンのガイドブックだ。
Amazon.co.jpアソシエイト

 モレスキンを初めて書店の棚で見たときの衝撃は忘れない。それまで「ノート」といえば、数百円の学習用ノートしか使った事がなかった身からすれば、千円以上もする分厚い本のようなモレスキンが、「ノート」であるのは不思議だった。

 数年後、ようやく1冊購入してみたものの「高いノートだから大切に使わないと」という余計な思いが強すぎて、結局1ページも書かずに本棚に眠ってしまっている。そんなモレスキンへの壁を取り払い、使う楽しみを提供してくれる本が現れた。

 モレスキンの魅力を余すところなく伝えようとする本書の著者は、日頃からモレスキンを愛用している、ブログ「Lifehacking.jp」管理人の堀正岳氏と、ブログ「moleskinerie[モレスキナリー]」管理人の中牟田洋子氏だ。

 このディープなモレスキンユーザーの2人と多くの協力者によって、アイデアメモ、タスク管理、スケッチなどのさまざまな使い方が紹介されている。モレスキンに手を加えてオリジナルを作るカスタマイズの例、一緒に使うと便利なグッズ紹介など、次々と出されるアイデアを読むだけで200%は活用できそうだ。

 分厚く丈夫なモレスキンの特徴を活かした活用術のほか、別のノートやメモ帳にプラスして使える応用術なども多数紹介されている。ノート術、メモ術の本としても他に類がないほどの情報量である。

-PR-企画特集