logo

HTC、携帯電話「Desire HD」と「Desire Z」を発表--「Sense」サービスも明らかに

文:Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正:編集部2010年09月16日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドン発--携帯電話メーカーとしての台頭が目覚しい台湾のHTCは現地時間9月15日、電話の分野を超えたさらなる飛躍を目指した取り組みを開始した。

 HTCは、2種類の「Android」搭載電話を発表した。4.3インチ大画面を搭載する「Desire HD」とフリップアウト式ハードウェアキーボードを搭載する「Desire Z」である。両製品は2010年10月に、欧州とアジア向けに提供される予定。Desire Zは2010年中に、北米でも提供される予定となっている。

 しかしHTCは、Appleやサムスンといった多くの競合企業と同様に、ソフトウェアとサービスによって製品の差別化を図ろうとしている。両製品には、HTCの「Sense」ユーザーインターフェースのアップデート版が搭載され、両製品の機能を強化することを目的とする新しいウェブサイトHTCSense.comと連携する。

 HTCは、同社技術を、同社の携帯電話を利用するユーザーのハブとする戦略により、単に携帯電話を販売するハードウェアメーカーから、顧客が継続的な関係を構築するサービスプロバイダーへと成長するかもしれない。

 たとえば、HTCSense.comでは、遠隔からログインしたユーザーが、携帯電話への通話をオフィスの電話に転送したり、テキストメッセージを検索したり、写真やビデオをバックアップしたり、HTCが「footprints」と呼ぶ地図上のブックマークを携帯電話上で後で使用できるように記録したりすることができる。また、ユーザーは遠隔から、どこかに置き忘れた携帯電話を呼び出したり、見つかりそうにないという場合には、拾った人に対するカスタムメッセージを画面上に載せたり、電話のデータをすべて消去したりすることができる。

  • 提供:Stephen Shankland/CNET

 HTCの最高経営責任者(CEO)であるPeter Chou氏は当地で開催されたローンチイベントで、「HTCのエクスペリエンスを電話以外にも拡大している」と述べた。

 Desire Zは、新しい800MHzの「Qualcomm 7230」プロセッサと3.7インチ画面を搭載し、Desire HDは、1GHzの「Qualcomm 8255」プロセッサと4.3インチ画面を搭載する。どちらの画面も解像度は800×480ピクセルで、「Android 2.2」と約10秒で起動する高速ブート機能が搭載されているとHTCの最高マーケティング責任者(CMO)を務めるJohn Wang氏は述べた。

 Desire HDでは、8メガピクセルカメラで720pの高解像度ビデオを撮影することができる。Desire Zも、5メガピクセルカメラによる高解像度ビデオの撮影が可能である。

picture Desire HD(左)とDesire Z(右)
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集