GMO-HSとスターティア、マルウェア対策で事業提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)とスターティアは9月14日、ウイルスや不正プログラムなどを含むマルウェア対策を目的とした事業提携を発表した。

 今回の事業提携で両社は、マルウェア感染によるサイト改ざん被害の抑制を共同で実施。10月より、GMO-HSのウェブサイトのマルウェア感染を調べるウェブセキュリティ対策サービスを、スターティアのホスティングサービスを利用するユーザーに提供する。

 また、マルウェア感染によるサイト改ざん被害からの復旧対策や復旧手順などのノウハウについて情報交換するとともに、ウェブサイトを運営する企業や担当者向けに、マルウェア感染の被害やその対策方法などについての共同セミナーや、メール配信などを通して啓蒙活動を展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加