logo

マイクロソフト、月例パッチの事前通知--9月はセキュリティ情報9件

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎2010年09月10日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの2010年9月の月例パッチでは、「Windows」「Internet Information Services(IIS)」「Microsoft Office」に影響を及ぼす13件の脆弱性が修正される。

 9月の月例パッチに関する同社の事前通知によれば、今回は「Windows 7」と「Windows Server 2008」を含むWindowsのセキュリティホールを対象とする、全部で9件のセキュリティ情報が公開される(そのうち4件が緊急にレーティングされている)。

 Microsoft Officeに関するセキュリティ情報は、「Microsoft Office XP」「Microsoft Office 2003」「Microsoft Office 2007」に存在するセキュリティホールを対象としている。これらには、多数のWindowsアプリケーションに影響を及ぼしている、DLLハイジャック攻撃に対する修正も含まれている可能性が高い。

 9件のうち7件が「遠隔からのコード実行」につながる可能性のあるもので、Windowsユーザーは今回の月例パッチに注意を払う必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]