富士通研究所、「社外秘マーク」の検出技術を開発--情報漏えい対策に応用

ZDNet Japan Staff2010年09月07日 13時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所は9月6日、機密文書に含まれる「社外秘マーク」や「関係者外秘」などの背景の透かし文字を検出することで、機密文書の漏えい対策を行う技術を開発したと発表した。

 機密情報が含まれる電子文書データを、不用意にメールに添付して送信するといった形での情報漏えいリスクを管理するにあたって、社外に向けて送信されるデータを監視し、機密情報が含まれていた場合には、警告を行ったり、送信を保留したりする仕組みが導入されるケースも増えている。

 こうした文書の漏えい対策を行うためには、その文書の機密性を判断する必要がある。現在では、文書に含まれるテキスト情報から特定文字列(「関係者外秘」など)を検出することで機密性を判断する方法が取られているが、実際にはテキスト情報だけでなく、マークや背景の透かし文字のような形式で指定されている場合もある。

 今回、富士通研究所が開発した新技術では、テキスト情報からの特定文字列の検出だけでなく、マークや透かし文字も検出することで、高い精度で機密文書と判断することが可能という。具体的には、検出対象の文書について仮想的な印刷データ(EMF:Enhanced Metafile)を作成。このEMFを解析することで、テキストや描画されている図形、画像を種類ごとに分離し、それぞれに適した文字認識処理を行って文字情報を抽出するという。

 富士通研究所では、この技術により、文書作成のアプリケーションに関わらず、マークや透かし文字を検出できるようになるため、たとえば「社外秘」「関係者外秘」などの機密表現を指定するだけで、社外秘マークが入っている文書をメールで社外あてに送付するのを警告したり、機密文書を印刷したことを自動的にログに残すといった情報漏えい防止システムを構築できるとしている。同社では、この技術を応用した、メールの添付文書チェックシステムや、機密文書の流通監視システムなどへの適用を進め、2011年度の実用化を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加