logo

在宅勤務のよくない点--陥りやすい10の落とし穴を紹介 - (page 2)

文:Becky Roberts 翻訳校正:石橋啓一郎2010年09月09日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5.礼儀正しい交流の不文律を忘れる

 飼っている猫と犬、そして時折隣人としか話していないあなたは(隣人は雇い主ではないので、数には入らないだろう)、前回オフィスに来たときから誰とも話しておらず、当たり前のルールをすべて忘れてしまっていることに気づく。出てくるのは罵り言葉やきわどいジョーク、不適切なコメント(飼い犬と話すのに使っていた言葉)ばかりだ。

4.仕事をさぼりがちになる

 誰にでも仕事をする気が起きない日はあり、あなたに仕事を強いる人はいない。休暇も取らず、あるいは仮病を使うことさえせず、あなたはコンピュータを見つめ、部屋の隅で猫が引っ掻いているものに気を取られ、またしばらくコンピュータを見つめ、そして宙を見つめ、……そして丸一日を無駄し、夜は無駄になった1日に罪悪感を感じながら過ごすのだ。

3.病気での欠勤は過去のものに

 風邪薬を飲んでベッドに一日中横になっていてさえ、ネットワークの管理はできてしまうため、病気で欠勤することはしなくなる。欠勤してもよいと感じるには、気絶するか入院するしかない。しかも、病院には無料の無線環境があったりするものだ。

2.部署で行くランチがなくなる

 いや、これはよい点だった。

1.仕事場に縛り付けられる

 そして、在宅勤務で最悪のことは、仕事場を決して離れられないということだ。あなたは書こうと思っていた報告書のことを思い出し、午前2時34分に目が覚める。普通の人なら、次の日オフィスに着き、コーヒーを1杯飲んでから取りかかろうと心に誓い、もう一度眠りにつく。しかし、あなたはそうはいかない。あなたはため息をつき、iPhoneにアラームを設定して、もう一度寝ようとする。しかし、コンピュータは同じ部屋のすぐそこにある。あなたは電源さえ落とさなかった。ひょっとすると、今報告書を書いてしまった方がいいかもしれない。どうせ眠れはしない。次に気づいたときには、腹はぐうぐう音を立てており、あなたはカフェイン不足で頭痛を感じ始めている。時間は午後1時35分、まだ椅子に座ったままだ。

他の欠点は?

 あなたは、在宅勤務をしていてこの記事で書いたような問題にぶつかったことがあるだろうか。他にもリストに加えるべきものはあるだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]