Twitter、Twitter APIのベーシック認証を廃止--OAuth認証に完全移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間の8月31日、Twitter APIのベーシック認証を廃止し、サードパーティー製Twitterアプリケーションの認証方式をOAuthに完全移行したと発表した。

 今回の認証方式の変更は、セキュリティ強化を目的としたもの。OAuthに移行することで、ユーザーはサードパーティー製アプリにユーザー名やパスワードを入力する必要がなくなるため、より安全にアプリを利用できるようになるとしている。

 Twitterでは、ベーシック認証への対応を6月30日に終了するとして、2009年12月からOAuth認証への移行を開発者に呼びかけていたが、6月のサッカーワールドカップの影響でシステムに不安定な状態が続いたことから、ベーシック認証の廃止を延期していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加