logo

[ウェブサービスレビュー]iPadを使ってウェブページを“あとで読む”サービス「Offline Pages」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Codiumlabs.com
内容:「Offline Pages」は、あとで読みたいウェブページをiPadに転送して読むためのサービスだ。同種のサービスと異なり、ウェブページを見たままの状態でキャッシュして転送できることが特徴だ。

 「Offline Pages」は、あとでじっくりと読みたいウェブページをiPadに転送して読めるサービスだ。これまで紹介した「Instapaper」「Read It Later」と同じ、いわゆる“あとで読む”系のサービスだが、リーダーは現時点でiPad限定となっている。利用は無料だが、閲覧用のiPadアプリは600円だ。

 仕組みは同種のサービスとほぼ同様。ブラウザにブックマークレットを登録し、あとで読みたいと思ったページが表示された状態でクリックするとページがクラウド上に蓄積され、iPadからの参照が可能になる。ブックマークレットについてはPC上のブラウザ向けのほか、iPhoneのSafari向けも用意されている。

  • サイトトップページ

  • 他サービスと同じくブックマークレットを登録して利用する。ブックマークレットの利用にはiPad側で発行されるPIN(Personal Identification Number)が必要

  • ブックマークレットをクリックすると表示中のページが転送される。完了すると「Saved」の表示が出る

 本サービスの大きな特徴は、ウェブページをオリジナルのレイアウトのまま転送すること。例えばInstapaperであれば転送先で表示されるのは本文テキストのみで、画像を含めた元レイアウトのページを表示するには別途ブラウザを起動する必要があった。このテキスト表示モードは読みやすさに優れる一方、サイトによってはうまくキャッシュされなかったり、慣れ親しんだレイアウトのサイトであれば、むしろ違和感を感じさせる要因となっていた。

 本サービスでは、ウェブページは画像もレイアウトもすべてそのままの形で転送される。一見するとキャッシュされたデータであることが分からないほどで、読んでいるうちについついリンクをクリックしてしまうこともしばしばだ。ほかのサービスと同様、これらのキャッシュデータはオンライン環境下でいったん同期しておけば、あとはオフラインの状態でじっくりと読むことができる。設定を変更することで、リンク先1階層分のページ、もしくはサイト全体のデータをキャッシュしてまとめて持ち歩くことも可能だ。

 サービス自体の歴史が浅いこともあり、InstapaperやRead It Laterに比べると他サービスとの連携が弱いほか、閲覧はiPadに限定されるが、ウェブページとそのリンク先をそのままのレイアウトでキャッシュできることからとっつきやすいほか、ほかのサービスではきちんと表示されないページがこちらではうまく表示できる場合も少なくない。この安定性を維持したまま今後さらなる進化が期待される。

  • iPad側でアプリを起動するとキャッシュデータがダウンロードされる。キャッシュデータはタグで分類して保管できる

  • キャッシュデータを表示したところ。見た目には通常のブラウザで表示されているのと区別がつかないが、URL欄が「saved:」で始まっていることからキャッシュデータだと分かる

  • Safariで再表示したり、URLをメールで送ることが可能。ほかのサービスに比べるとテキストのみ表示モードがないなどシンプルだが、そのぶんキャッシュの安定性にすぐれる印象だ。リンク先のキャッシュも可能

-PR-企画特集