logo

MPEG-LA、AVC特許ポートフォリオライセンスを一部で永久無料化

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部2010年08月27日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MPEG特許プール会社のMPEG Licensing Authority(MPEG-LA)は、エンドユーザーに無料で提供されるビデオに対し、AVC特許ポートフォリオライセンスを永久に無料化すると発表した。

 AVC特許ポートフォリオライセンスには、YouTubeやVimeoなどの技術で使用されるデジタルビデオ符号化規格であるH.264コーデックが含まれる。AVCポートフォリオをライセンス提供するMPEG-LAは米国時間8月24日のプレスリリースで、エンドユーザーに無料で提供されるビデオ(インターネット放送AVCビデオとして知られる)に対しては、ロイヤリティを課さないと述べた。

 MPEG-LAは2010年2月、H.264のロイヤリティの徴収開始日を2016年1月1日と定めた。MPEG-LAは、24日に発表したこの期日の無期限延期の理由を明らかにしておらず、また、本記事執筆時点ではコメントを得ることができなかった。

 声明には、インターネット放送AVCビデオ以外の製品およびサービスには、今後もロイヤリティを適用すると記されている。

 H.264ライセンスを保有する企業には、Microsoft、Apple、東芝などがある。

 Googleは5月、オープンソースでありロイヤリティフリーである競合ビデオフォーマット「WebM」を発表した。当時はWebMのビデオ符号化規格「VP8」が、MPEG-LAの特許プールを侵害するのではないかという憶測が飛び交ったが、そのような正式な申し立てはなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集