logo

Shockwave Playerにアップデート--深刻度「クリティカル」の脆弱性を修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎2010年08月25日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは20件のセキュリティホールを修正するShockwave Playerのアップデートを公開した。修正されたセキュリティホールのいくつかは、悪用されるとシステムの制御を奪われる可能性がある。

 脆弱性の深刻度は「クリティカル」にレーティングされており、Windows用およびMacintosh用のShockwave Player 11.5.7.609およびそれ以前のバージョンに影響がある。

 Adobeのアドバイザリには次のように説明されている。

 WindowsおよびMacintoshオペレーティングシステム用のAdobe Shockwave Player 11.5.7.609およびそれ以前のバージョンに、クリティカルな脆弱性が存在することが確認された。攻撃者がこれらの脆弱性の悪用に成功すると、対象システム上で悪質なコードが実行される可能性がある。

 Adobe Shockwave Player 11.5.7.609およびそれ以前のバージョンを利用しているユーザーは、ただちにhttp://get.adobe.com/jp/shockwave/のページから、バージョン11.5.8.612にアップグレードすることを推奨する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集