logo

エプソン、PCIスロットを3つ装備した「Endeavor MT9000」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンダイレクトは8月24日、PCIスロットを3つ搭載し、既存の拡張ボードを有効活用できる「Endeavor MT9000」を発表した。同社のオンラインショッピングサイトおよびコールセンターを通じて、同日より発売している。

 Endeavor MT9000は、3つのPCIスロットのほか、シリアルポートも1ポートを標準搭載した。オプションとしてさらに2ポート増設ができ、業務用プリンタなどで使用されているパラレルポートも増設可能だ。

Endeavor MT9000 「Endeavor MT9000」

 また、最新のビデオボードにも対応できるPCI Express x16スロットや、USB2.0ポートを前面に4端子、背面に4端子搭載。キーボードやマウスが接続可能なPS/2ポートも備えた。

 CPUはインテル Celeron プロセッサ、インテル Pentium プロセッサ、インテル Core 2 Duo プロセッサから、ビデオボードはインテル G41 Express チップセット内蔵ビデオに加え、ATI Radeon、NVIDIA Quadro、ATI FireProの各シリーズから選択可能だ。OSはWindows 7に加え、Windows XP Professional 32bit (Windows 7 Professional 正規版のダウングレード利用)から選択できる。

 価格は、CPUにインテル Celeronプロセッサ 430、OSにWindows 7 Home Premium 32bit 正規版、ビデオボードにインテル G41 Express チップセット内蔵3Dグラフィックス、メモリ1.0Gバイト、250GバイトHDDの構成で、5万2500円からとなる。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集