logo

グリー、「GREE Platform」の利用申請手続きを簡便化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは8月24日、「GREE Platform」を利用するデベロッパーの拡大と、ソーシャルアプリの迅速な公開を目的として、GREE Platformの利用申請手続きを簡便化すると発表した。

 グリーではこれまでGREE Platformを利用したソーシャルアプリケーションを開発するデベロッパーに、登記事項証明書および企画書を提出させていた。今後はGREE Developer CenterからGREEパートナー申請を行うだけで、GREE Platformのサンドボックスを利用できるようになった。

 また、ソーシャルアプリを公開する際の企画審査は、リリース前にガイドラインへの適合を審査するのみとなった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]