グーグル、渋谷でGoogle プレイスのキャンペーン開始

鳴海淳義(編集部)2010年08月24日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは8月23日から9月30日まで、店舗や場所に関する情報をまとめたサービス「Google プレイス」のキャンペーンを実施する。

 Google プレイスは、店舗や場所に関連したあらゆる情報をまとめたページを作成し、検索結果に表示するサービス。たとえば、「渋谷 ベルマーレ」というキーワードでGoogle マップを検索すると、渋谷にある「ベルマーレ」というお店が検索結果のトップに出る。「詳細」をクリックして表示されるのがGoogle プレイスのプレイスページだ。

 プレイスページには店舗の基本情報、地図、写真、クーポン、レビュー、近隣のお勧めスポットなどが掲載されている。店舗のオーナーは連絡先情報や支払い方法、営業時間、カテゴリを自分で更新できる。

 Google プレイスキャンペーンは、渋谷を舞台にGoogle プレイスの利便性を実際に体験できる企画となっている。渋谷にある約500店舗の協力により、当該店舗のプレイスページにアクセスできるQRコードのついたステッカーを店頭に貼る。

 渋谷駅周辺では、「渋谷 焼き肉」「渋谷 夜景」など、渋谷の店舗や場所に関する情報を探すための検索キーワードをポスターで紹介する。また、9月6日からはGoogle マップのPIN型うちわを貼り付けたポスターも掲出する。

 世界中のユーザーがGoogleで検索するキーワードのうち、約20%が地域情報に関するものだという。地域情報はそれだけ重要ながら、店舗側が自前でウェブサイトを持ち、日々更新するのは負担が大きい。そこでGoogle プレイスを役立てて欲しいと岩村水樹氏は話す。「Google プレイスはお店とユーザーをつなぐ入り口のページになります」(岩村氏)。

  • うちわ付きのポスター

  • Google マップのPINを模したうちわ

  • 渋谷の店舗や場所に関する情報を探すための検索キーワードをポスターで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加