logo

NEC、ギガビット対応のスタッカブルスイッチ新製品を発売--従来と同価格帯で高機能化

ZDNet Japan Staff2010年08月23日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは8月23日、ギガビットイーサネットスタッカブルレイヤ2スイッチ「UNIVERGE QX-S5200シリーズ」の販売を開始した。

 新製品は、1Gbps対応ポートを48ポート搭載した「UNIVERGE QX-S5250P」(QX-S5250P)と24ポート搭載した「UNIVERGE QX-S5226P」(QX-S5226P)の2機種。いずれも複数台のスイッチを1台のスイッチとして運用できるスタック接続が可能となっている。両製品とも、4台までのスタックが可能で、QX-S5250Pは最大192ポート、QX-S5226Pは96ポートまで増設できる。

 また、両機種ともにリングプロトコル機能を搭載しており、障害発生時の経路切り替えに要する時間が従来のレイヤ2スイッチ「UNIVERGE QX-S5100シリーズ」の約30秒から約0.2秒(約150分の1)へ大幅に短縮されているという。さらに、IETFのプロトコルであるsFlowに対応しており、リアルタイムでトラフィック状態をモニタリングできる。外部からネットワーク攻撃を受けた際の迅速な検知やネットワーク内のトラフィック量の常時把握が可能という。

 税別希望小売価格は、QX-S5226Pが35万8000円、QX-S5250Pが62万8000円。NECでは、新製品を企業、官公庁などに向けて拡販し、UNIVERGE QXシリーズ全体で今後3年間で20万台の販売を目指すとしている。

-PR-企画特集