logo

日立情報、ひとつの端末でモバイルWiMAXとauのデータ通信が利用できるサービス

ZDNet Japan Staff2010年08月20日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズは8月20日、同社の企業向けモバイルデータ通信サービス「NETFORWARD/Mobile」において、1つの端末で「モバイルWiMAX」と「KDDI au」の両方のデータ通信が利用できるハイブリッド対応サービスの提供を開始した。

 NETFORWARD/Mobileは、月額固定料金と低価格が特長となるMVNO方式による企業向けモバイルデータ通信サービス。新たに提供が開始されたハイブリッド対応サービス「KDDI HYBRID」は、モバイルWiMAX(下り最大通信速度40Mbps、上り最大通信速度10Mbps:都市部中心に利用可)とKDDI au(下り最大通信速度3.1Mbps、上り最大通信速度1.8Mbps:ほぼ全国で利用可)の両方のデータ通信を1つの端末で利用できるもの。個別にサービスを契約する場合と比較して、回線月額費や端末購入費を抑えることが可能だ。高速通信を利用したいが、利用エリアに不安があるビジネスユーザー向けのサービスという。

 サービス利用に必要なデータ通信端末はUSBタイプとExpressカードタイプの2種より選択できる。契約にあたっては、データ通信端末費用と事務手数料(2835円)が別途必要となる。KDDI HYBRIDの料金は月額5754円。9月30日までの申し込み分については、月額利用料金を4704円とするキャンペーンが適用される(キャンペーン期間以降も価格は据え置きとなる)。

-PR-企画特集