キヤノン、IXY初の10倍ズーム搭載「IXY」12倍ズームで実売2万円の「PowerShot」発表

坂本純子(編集部)2010年08月19日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月19日、10倍ズームの薄型デジタルカメラ「IXY 50S」や「PowerShot」シリーズなど4製品を発表した。8月下旬より順次発売する。

  • 新たなレンズ構造「屈曲沈胴プリズム退避鏡筒」

 IXY 50Sは、IXYシリーズとしては初の光学10倍ズームを搭載し、さらにフルHDの動画にも対応した。厚みは約22.3mmと、光学10倍ズーム搭載モデルとしては世界最薄だという。ズームをボディに効率よく入れられるよう新たなレンズ構造「屈曲沈胴プリズム退避鏡筒」を開発し、薄型化を実現したという。

 有効画素1000万画素の高感度CMOSセンサと高性能映像エンジン「DIGIC 4」を併せた「HS SYSTEM」により、高倍ズームでもブレにくくノイズの少ない写真が撮れるとしている。

  • 「IXY 50S」

 動画機能も強化されており、ジオラマ風の動画を撮影できるほか、歩きながらの撮影でもブレないよう、動画撮影時の手ぶれ補正機能を搭載した。さらに「ハイスピード動画」機能を備え、240fps(1秒あたりのフレーム数)で撮影した動画を30fpsで再生するスローモーション映像も楽しめる。カラーはピンク、ブラウン、シルバーの3色で、発売は9月9日、市場想定価格は4万円程度。

  • ハイエンドモデル「PowerShot S95」

 PowerShotシリーズは、F2.0レンズを搭載したハイエンドモデル「PowerShot S95」と光学12倍ズームを搭載したバリューモデル「PowerShot SX130 IS」の2モデルが登場した。

 PowerShot S95は2009年10月に発売されたPowerShot S90の後継モデルで、新たに両吊りストラップに対応した。IXY 50Sと同様にHS SYSTEMを搭載し、F2.0の明るい28mmレンズを特長とする。F2.0レンズとHS SYSTEMによりブレにくく手持ちでの写真撮影をしやすくし、美しいボケ味でさらに幅広いシーンで写真を楽しめる。

 光学ズーム3.8倍で、有効画素数は1000万画素。約29.5mmのスリムボディで、1280×720ピクセルのHD動画を撮影でき、ステレオ音声にも対応した。ジオラマ風の撮影や魚眼レンズ風の撮影モード、そのほか多くのシーンモードを搭載している。カラーはブラックのみ。発売は8月26日で、市場想定価格は5万円程度。

  • バリューモデル「PowerShot SX130 IS」

 PowerShot SX130 ISはコンパクトな高倍率ズームモデルで、新たに広角28mmに対応した。28mm〜336mmまでの広い画角に対応する光学12倍ズーム搭載し、ステレオ音声対応のHD動画が撮影できるほか、「28シーンの認識こだわりオート」機能を備えた。高倍率ズーム機能を搭載しながら、バリューモデルとして市場想定価格は2万円程度に抑えたという。カラーはブラックのみ。発売は8月26日。

  • コンパクトフォトプリンタとして「SELPHY CP800」

 コンパクトフォトプリンタとして「SELPHY CP800」を9月9日に発売する。2009年3月に発売した「CP780」の後継モデルで、CP780より約10%薄型化し、重さは940gに軽量化した。画像の中から人物の顔を自動検出し、明るさやコントラストを最適に補正する自動写真補正機能を強化。1枚のプリントに最大20の画像を自動的かつランダムに配置する「シャッフル」レイアウトと、パスポートなどのさまざまなサイズの証明写真がプリントできる「証明写真」レイアウトを追加した。市場想定価格は1万円程度。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加