logo

シャープ、中国市場に「AQUOSクアトロン3D」を投入--販売台数2倍以上を狙う

加納恵(編集部)2010年08月18日 18時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月18日、中国市場において3D対応の液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」と、Blu-ray Discプレーヤーを発表した。クアトロン3Dの市場投入は日本次いで二番目になるという。

 中国市場で発売されるのは、液晶テレビ「LCD-60LV925A」(60型)「LCD-52LV925A」(52型)と、Blu-ray Discプレーヤー「BD-HP90D」の3機種。いずれも3D対応モデルになる。発売は9月上旬。中国での販売想定価格は60型が3万6000元(約45万円)、52型が2万6000元(約34万円)。Blu-ray Discプレーヤーの価格は未定としている。

シャープの常務執行役員中国本部長である菅野信行氏 シャープの常務執行役員中国本部長である菅野信行氏

 シャープの常務執行役員中国本部長である菅野信行氏は「ある調査機関のデータによると、3Dテレビの世界需要は2012年に1000万台を超え、コンテンツや周辺機器の拡がりとともに、市場が大きく拡大すると見られている。シャープでは、UV2A技術、4色技術、FRED技術、スキャニングバックライト技術という4つの技術を融合し、明るく色鮮やかでクロストークの少ない3D映像を実現した」とコメントした。

 LCD-52LV925AとLCD-60LV925Aは、独自のUV2A技術をベースに、「赤・緑・青」の3原色に「黄色」を加えた4原色技術を採用した、AQUOSクアトロンモデル。本体には3Dメガネ一式が同梱される。

 購入者には、映画「タイタンの戦い」のBlu-ray 3Dがプレゼントされるキャンペーンも展開するとしている。

 シャープでは、すでに2DタイプのAQUOS クアトロンテレビを中国市場に投入しており、今回の3Dモデル発表で2D、3Dのラインアップがそろったことになる。今後は、米国や欧州にもクアトロン3Dを展開していくとのことだ。

 中国におけるシャープの液晶テレビ販売台数は2009年度実績で118万台。2010年度は前年比2倍以上となる240万台の販売を目指すとしている。

中国で発表された3D対応の液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」 中国で発表された3D対応の液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集