logo

ミロク情報サービスとウイングアーク、ERP分野で協業

富永恭子(ロビンソン)2010年08月11日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミロク情報サービス(MJS)とウイングアーク テクノロジーズは8月11日、ERPソリューション分野で協業することを発表した。これによりMJSは、同日より中堅企業向けERPシステム「Galileopt」とデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の連携ソリューションの提供を開始するとしている。

 Galileoptは、中堅企業向けの財務を中心としたERPソリューション。J-SOX対応など内部統制機能のほか、EIP(Enterprise Information Portal)、W/F(ワークフロー)、EIS(Executive Information System)、BI(Business Intelligence)などのフロントオフィス機能を有している。またデータウェアハウス、経理系モジュール、業務系モジュールといったバックオフィス機能により、財務、人事給与、販売管理などにおいて経営の最適化を図るとともに、IFRSコンバージェンスにも対応する。しかし、BI機能においては、これまでGalileopt内のデータ以外の外部データを取り込めないなど、ユーザーのニーズに応えられないケースがあった。

 一方、Dr.Sum EAは、大容量のデータを部門間や全社規模で集計分析するためのデータ活用ソリューション。業務担当者から経営者やマネジメント層にいたるまで、蓄積された事業の収益性や販売実績などのデータを可視化し、見たい角度でデータ集計を実行する。また、クライアントフリーなため全社導入が容易で、大規模なデータ活用の一元化や、システム構築に要する環境投資の最適化、メンテナンスの負荷軽減が可能だとしている。

 GalileoptとDr.Sum EAとの連携ソリューションを提供することで、CRMやSFA、POSデータなどの外部データを取り込んで分析できるようになる。これにより、顧客、製品、サービスなどの業務データを連携させ、さまざまな視点からデータを把握、経営動向を分析して「経営の可視化」が実現するという。

 また、グループ親会社や子会社が他社製会計システムを運用している場合でも、簡易合併ツールとして活用できるという。さらに、Galileoptとは独立したデータベースのため、社内でGalileoptを導入していない拠点や部署、子会社からも分析データを参照することができるなど、運用の幅が広がるとしている。

-PR-企画特集